ワンダパパ喫煙奮闘記

様々な喫煙グッズや格安喫煙方法紹介 日々感じた事の雑記も書きます。

【WISMEC】(ウィスメック)R80レビュー!使い方をわかりやすく解説!

ウィスメックR80

WISMEC R80を実際に使ってみたレビュー感想・メリットデメリットや商品詳細など詳しく記載。

 WISMECから新しくPODMODが発売されました!

 

特徴としては、

  • POD型では最大の80Wまで出力可能
  • 18650バッテリー交換可能
  • テクニカルMODとしても使用可能
  • カラー液晶パネル搭載
  • USB typeC 2Aで充電が早い
  • キャップ付きなのでゴミなどが入らない

 

実際に触りまくってみて感じた事は

 

  • 見た目のデザインや質感がすっごく良く、尚且つ結構手頃な値段で販売されています。

 

  • 味に関してもPOD型全体で比較してもかなり旨い。温度変更可能なので高出力でも吸えるのが魅力的に感じます。

 

  • サイズが大きくなってしまいますが、18650交換式なのでバッテリー寿命で使えなくなるという事もない。(そもそもそんなにデカくないと感じる)

 

  • コイルが無くなっても違うアトマイザーを使う事が出来るので、長期に渡って長く楽しめるのがR80かなと感じました。

 

  • 後、やはりキャップ付きなので外出時の持ち運び中に吸い口にゴミなどが入らないのも良いですね。

 

最初に買う初心者の方の1台としてオススメで、徐々に沼に沈めてくる。

 

これがR80です 笑

VAPEにハマってアトマイザーを変えて見たくなってもR80があればそのまま使えるのでコスパ的にも良いかと・・・

 

この記事では

  • R80の詳細・初心者の方向けの使い方
  • 吸った感想
  • 実際に使ってみて良かった点・悪かった点

について詳しく書いて行きます。

 

これから購入を考えている人は、是非ご一読を!

 

コチラはベプログさんからの提供になります。

WISMEC R80 内容物

f:id:shodays:20200203224451j:plain

  • WISMEC R80本体
  • POD カートリッジ×1
  • 交換用コイル×2 (WV-M 0.3Ω WV01 0.8Ω)

最初にPODに装着されているプリメイドコイルは0.3Ωになります。

プラス0.8Ωのコイルが1つ付属です。

 

  •  510アダプター

 

これがある事により、PODからMODに変更する事が出来るので好きなアトマイザーを装着可能となります。

 

  • USB type-C充電用ケーブル
  • ユーザーマニュアル

 

わかりやすいように写真を載せておきます。

↑がR80本体&510アダプターです。

USB-typeC充電ケーブル プリメイドコイル0.8Ω  ユーザーマニュアルとなります。

WISMEC R80を購入するならスターターキットがオススメ

WISMEC R80は18650バッテリーを使いますが、単体だとバッテリーは付属しません。

ベプログさんでセット販売しているので、購入を考えている人にはオススメです。

 

ちなみにセット内容がコチラ!

  • WISMEC R80を入れれるポーチ
  • ユニコーンボトル
  • 18650バッテリー
  • アトマイザーバンド
  • リキッド

アトマイザーバンドはPODのままでは使い道が無いのでとりあえずユニコーンボトルに付けるくらいですかね・・・

っと思って嵌めてみたら見事に付かなかったので記念品もしくは将来のアトマ用ですかね。

 

そしてリキッドを2種類の内から1つ選ぶことが出来ます。

 

選べるリキッドは、VAPE youtuberでお馴染みの こーへいさんがVAPE最大級のイベント『IECIE2019』で発掘してきた巨峰フレーバーリキッド

 

又は、

RYUSEIさんが『IECIE2019』で発掘してきたタバコ味リキッド

 

どちらかを選ぶ事が出来ます。リキッド容量は60mlと75mlなのでTNTの方がコスパは良いです。

 

ちなみにワンダパパもカヤルビーPOPLOCKは前にレビューしました!

 

清涼剤強めな甘いリキッドが好きな方はPOPLOCKがオススメです。

 

ザ・ネクスト・タバコ(TNT)は甘いタバコフレーバーで結構不思議な味がします。

タバコ系が好きな方には結構病みつきになる変わったフレーバーですね。笑

気が付くと手を伸ばして吸ってます。

 

TNTを吸った詳しい感想は後日・・・

WISMEC R80  使い方・注意点

WISMECの使い方は基本的に直感でも大体わかりますが、初めての人向けに書いて行きます。

 

先に要点をまとめると、

  • エアフローの調整(空気の吸いこむ量)はコイルで調整可能
  • コイル交換方法と カートリッジを上に向けると零れる
  • リキッドチャージ方法
  • 18650バッテリーの注意点

について書いていきます。

f:id:shodays:20200203224611j:plain

 

 まずはバッテリーを入れない状態からのスタートになります。

 

f:id:shodays:20200203231745j:plain

開封すると、本体はこのようになっています。

右上にある、510アダプターはPODで使う場合は使用しないので無くさないように箱にしまっておきましょう。

 

f:id:shodays:20200205063408j:plain

 PODとして使う場合はコレと後は18650バッテリーがあれば完璧です。

 

右下にあるのがPODで、最初はコイルが装着されていますが、次回からはコイルを交換して使うのでカートリッジ部分まで捨てないように注意しましょう。

 

どうしてもPODだとカートリッジ毎捨ててしまいそうになります 笑

 

WISMEC コイル交換注意点

WISMECのPODカートリッジとコイルになります。

 

最初はコイルが付いているので後はリキッドチャージだけなんですが、コイルが消耗して来たら交換作業がいるので書いておきます。

 

どうやってコイルを取り外すのか一瞬ちょこっとだけ疑問でしたが このコイルは引き抜くだけで交換可能となります。

 

交換時の注意点としては、

  • カートリッジを逆さまにしてコイル交換を行う

もしかしたら零れない設計かな?

 

っと思って試しに上向きにおいてみたら見事にドバドバなりました笑

 

なので交換する時は注意が必要です。

 

逆さまにした状態でコイル交換する分には殆ど手に付着する事がなかったです。

 

エアフローの調整

 

 

エアフローの調整はコイルで行う事が出来ます。

無いのかなと思いましたが、コイルで調整出来ました 笑

 

外側に無いので調整しにくいデメリットはありますが、逆に勝手に動いたりしないのでメリットともとれますね。

 

リキッドチャージ方法

 

f:id:shodays:20200205222823j:plain

カートリッジの裏にゴム製のキャップが付いているのでズラシて、その穴からリキッドチャージを行います。

f:id:shodays:20200205223028j:plain

どこまで入ったのか少々わかりにくいです。(若い人は別かも)

 

リキッド注入が完了したら、5分程度はリキッドが染みてくるのを待ちましょう。

早すぎると一瞬でコイルが焦げてダメになる時もあります。

 

慌てずに(^_-)-☆

 

18650バッテリー注意点と装着

f:id:shodays:20200205223735j:plain

WISMEC R80では、1~80Wまで温度変更可能ですが、ここら辺はバッテリーのスペックも関係してくるので放流電流25A以上を推奨しています。

 

良くわからない場合は信頼できるショップなどで購入をしましょう。

 

シールを剥がしてからバッテリーを入れます。

 

マイナスがシールの貼ってあった方です。

 

f:id:shodays:20200205230915j:plain

出来たらネジ山を傷めないように嵌めて行きましょう。

 

装着出来たらボタン5連打で電源ONとなります。

 

WISMEC R80を吸った感想

f:id:shodays:20200205231658j:plain

(↑の写真の角度が1番好き)

では実際に吸ってみた感想を書いて行きます。

 

吸ってみた感想としては、味はPODの中でも最上位に入る旨さ。

 

最近 自分の中で流行っている使い捨てクリアロにも引けを取らない味です。

 

 細かい所まで突き詰めていくと、味の濃さや勢いの良さでは負けてしまいますが、

それでもこの価格帯を考えるとお値段以上です

f:id:shodays:20200205234817j:plain

WISMEC R80にも装着可能なので使い捨てクリアロに興味がある方は良ければコチラを見てください。

 

R80を高Wでも低Wでも吸ってみましたが、味はしっかり出ています。

 

只、個人的にはエアフローを結構絞ると味が極端に出なくなるように感じました。

 

そこらへんは自由に自分の好みのセッティングに出来るので別に気にするほどでも無いのですが、気になった点としてはこれくらいです。

 

やはり自分としては40Wくらいの出力で吸うのが、味と甘さをしっかり堪能出来て良いですね。

 

実際に使ってみて良かった点・悪かった点

f:id:shodays:20200205235607j:plain

今回悪かった点があまりにも無くて、ちょっとどうでも良いような悪かった点になってしまってますがご容赦ください。

 

実際に使ってみて良かった点

 

  • とにかく個人的にこのデザインは好き

やはりヴィジュアルは大事な所 メカっぽさと言うかこのメカメカしい所には結構惚れてます 笑

カートリッジ部分は少し惜しい所はある。

 

  • 購入費用や継続的に使う事を考えるとコスパは結構良い。

R80 Kit(アール80)POD MOD ×大人気リキッドセット 【ベプログ】 | ベプログショップ

ベプログショップでも交換用のコイルが売ってますが、1個あたりのコイルの値段は他のPOD型に比べて手頃な価格。

 

  • テクニカルMODとしても活用できる

PODから他の物を試してみたくなったとしてもアトマイザーのみならR80が基本的には殆ど使える。

  • 18650バッテリーなので、バッテリーを複数持てばバッテリー切れの心配がない。

 

  • バッテリー劣化で使えなくなるという事が無いので故障しなければ長く愛用出来る。
  • 1~80Wまで変更可能なので気分や場所を選んで吸える

外で高出力は使いにくい・・・と思って低出力でも、部屋ではガッツリ高出力にしたい!が出来る。

 

実際に使ってみて悪かった点

 

  • キャップを外そうとするとカートリッジ事外れてしまう時がある。

(5回に1回の頻度)

 

  • 悪くはないが、ネックストラップの穴をあまり活用しないと感じる

 

ネックストラップの穴があり、首にぶら下げれるようになっていますが、R80は重くはないですが そこまで軽くないので多分1日首からぶら下げていると肩こりが出来てしまいます。

 

  • 人によってはデカいと感じる

f:id:shodays:20200205231658j:plain

確かにPOD型の小さいVAPEと比較するとデカく感じますが、個人的には別にそこまで・・・・っと思います。

バランスは悪くないです。

R80 まとめ

WISMECから発売されたR80はどれを取っても満足が出来る製品でした。

 

とにかく自由度が高く、長く使う事を考えればコレを1つ持っていても間違いは無いでしょう。

『使いやすくて 長く遊べる物が欲しい』

 

という方には自信を持ってオススメ出来る製品です。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

R80 Kit(アール80)POD MOD 【ベプログ】

 

www.sho-vape.work